二重通貨建て債(デュアル・カレンシー債)とは

| 未分類 |

二重通貨建て債とは、二つの通貨が関係してくる債券を指します。日本で販売されているものは、日本円と外貨が関係してきます。例えば、円とドルの場合、利払いが日本円で行われ、そして償還はドルで行われるものが多いです。払い込みについては日本円であってもドルであっても、そのときの為替レートが適用されて為替コストがかかるだけですからあまり関係はないのですが、利払いと償還については大きく影響してくるでしょう。ですから、払い込み以外がどの通貨で行われるのかを把握しておく必要はあります。

a0001_013081
利払いが日本円で償還が外貨のものであれば、利払いには為替リスクはなく、償還には為替リスクがあります。これとは逆のものもあって、利払いが外貨ベースで行われて、償還が日本円で行われるものもあるのです。外貨ベースで行われると言っても、両替をして日本円で受け取ることはできますが、その金額の計算が外貨で行われるのです。償還は日本円で行われますから償還に関しては為替リスクはありません。元本に関するリスクが小さいですから、リスクを抑えて投資をするのには適しています。通貨が複数にわたると言っても、ハイリスクなものとローリスクなものとがあります。