確定利回りが得られる

| 未分類 |

窓債券は、国や株式会社などの発行体が資金を調達するにあたって、償還日とよばれる満期までの間、あらかじめ決められた割合の利子を支払うことを約束して発行されるものです。

 
金利は一般的な固定金利のもののほか、市場動向を踏まえて金利が変化する変動金利のものもあり、こうした性質からあわせて固定利付債などと呼ばれることもあります。

 
この債券の利子は発行時の契約の内容にもとづいて、年に1回、または半年に1回程度の頻度で支払われ、満期を迎えて償還されるときには額面金額で償還金が支払われます。

 
したがって、満期まで保有していれば、確定している利子、すなわち確定利回りが得られる金融商品であるということができます。
償還までの期間は市場動向によって債券そのものの価格は変動しますが、満期まで保有する場合には、債務者の財務状態が悪化して債権回収が困難になるなどの信用リスクを除けば、比較的安定的に資産を増やすことができるものといえます。

 
債券にはこうしたメリットがあることから、特に途中で金利が変動しない固定金利タイプのものについては、長期的な資金計画を立てて運用することが求められる年金や生命保険などの機関投資家がしばしば大口の購入者となることがあります。