資金の目的に応じた運用

| 未分類 |

債券で運用をする目的はそれぞれで異なりますから、どのような目的の資金なのかを考えた上で、それに応じた運用方法を考えなければなりません。最初に考えなければならないのが期間です。償還期間を把握しておく必要があります。例えば、5年後にキャッシュが必要になるのであれば、償還期間は5年以内のものを選ぶのが良いでしょう。途中で売却する事はできるのですが、市場の環境によっては損失が発生することもありますから、リスクがあります。いつでも換金できるような状態にしておくのであれば、個別の債券に投資をするよりも、MMFなどを通じて短期の債券に投資をした方が良いでしょう。キャッシュがいつ必要になるのかを常に考えておく必要はあります。

 

和室次に、信用リスクについて把握しておく必要があります。利回りの高い債券は信用リスクも高いと考えられます。信用リスクが高いために買いたい投資家が少なく、そのために利回りが高くなるのです。ですから、利回りが高いからと言って、それが優れているとは限りません。ハイリスクな債券に投資をし、デフォルトする事で回収できなくなることもありますから注意が必要です。リスクについては、格付けを参考にするのが良いです。